人気ブログランキング |

旅館・ホテルをこよなく愛し、仕事にしている傍ら、旅館・ホテルに関する様々なことを気ままに伝えるブログ
by ryokan-uriage
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
リンク
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
最新の記事
タイタニックとホームページ
at 2011-09-02 14:43
私ごとですが・・・
at 2011-08-31 17:08
市場の独占の方法
at 2011-08-12 11:28
市場を独占するということ
at 2011-08-12 11:06
過程がいいんです!
at 2011-08-05 18:56
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
タイタニックとホームページ
突然ですが、質問です。

あなたが、タイタニックの乗務員だとします。

船が沈みかけている時に乗客を誘導する係だったとして、

「日本人」をボートに乗せる時にどのような言葉をかけると効果的だと思いますか?

①移って下さい。ルールですから。

②ボートには移らないでください!

③もうみんなボートに移りましたよ。

④今なら、だれもまだボートに移っていませんよ。






これは、いろいろな国の国民気質を表した小話なんです。

①は生真面目なドイツ人

②は偏屈なフランス人

④は目立ちたがり屋のアメリカ人

という国民気質を表しています。


そして、質問の答えである日本人は・・・

③です。


「周囲の判断に合わせてしまいがち」という国民気質を表しています。


つまり、みんなが移っているのなら、自分も移ろう。という感情です。




これが実はマーケティング上は非常に重要になります。

どういうことかというと、日本人は「周囲の判断に合わせる」のですから

「周囲の人の判断」を提示すると行動しやすくなるということです。


つまり・・・

例えば「人気ランキング」を載せる。

これによって他の人に人気の商品だったら・・・と購買の壁が少し下がります。

商品を売る時はこのランキングなどは必ずホームページに入れるべきですね。

しかも目立つ所に。



それから「お客様の声」

これも日本人の国民気質にはものすごく合致しています。

これは良い口コミであることも大事ですが、それよりむしろ「量」

中に少し悪い意見があるくらいの方が信憑性が増します。

それ以上に大量のお客様の声を出すことは、ホームページでものを売るときにはとても重要です。



さらに発展すると
「これを買ったお客様はこれも買っています」

というアマゾン的なマーケティング。

これも日本人には効きますね。

実際、自分も良くやられております。

旅館でいえば別注料理などをこの手法を使うと売りやすくなるでしょう。



これはごく一部ですが、ホームページに少し入れるだけで成約率が上がるポイントというのはいくつもあります。

是非参考にしてみてください。



そんなノウハウが詰まった「ホームページを売れる営業マンに仕上げる!
自社ホームページダントツ化プログラム」も好評販売中です。

是非チェックしてみてください。

ホームページを売れる営業マンに仕上げる!自社ホームページダントツ化プログラム


役に立ったという方!
ぽちっとお願いします~

人気ブログランキングへ

それではまた!

# by ryokan-uriage | 2011-09-02 14:43 | ホームページ
私ごとですが・・・
こんにちは!

8月も終わりになりましたね。

ブログが更新できずにいましたが、実は入院しておりました。

髄膜炎という病気で、1週間ちょっと点滴三昧でした。。。


やっと回復して晴れて退院です。

やっぱり健康は大事ですね。


そしてありがたいことに入院中も新規のお仕事の打診などいくつか頂きました。

本当にありがとうございます。

これからは体に気をつけ、また役に立つノウハウを提供していきたいと思います!

# by ryokan-uriage | 2011-08-31 17:08 | 日々のこと
市場の独占の方法
前回のブログの続きです。

前回のブログでは、SEOで、ビッグキーワードで上位を狙うより

スモールキーワードで独占を狙うのが主流になりつつある。

というお話をしました。

http://www.ryokan-uriage.com/blog/?p=190


この、市場の独占方法が今回のテーマ。

簡単です。


①そんなに大きくなさそうなキーワードを決める
(複数のキーワード)

②そのキーワードを入れたブログ、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、ユーストリームなどを書く。

③何度もひたすら書く


これだけです。

簡単でしょ。

でも手間がかかります。



複数キーワードのメリットは、目的が明確で探している場合が多いということ。

なので、見込み客の中でも角度が高いかもしれません。



そして、可能であれば、そのキーワードに合わせたランディングページを持つこと!

ランディングページとは、自社HPなどで成約につなげるためのページです。


キーワードに合わせたランディングページがあると、強烈です。

これはどういうことかというと、

例えばキーワードが「マタニティ 温泉 旅行」

等の場合に妊婦の笑顔や妊婦向け料理のフラッシュが踊り、妊婦のお客様の声等が

充実している・・・という感じです。



成約率が上がると思いませんか?

スモールキーワードの組み合わせは市場は小さいので、成約率を上げる必要があります。

そこでこのような工夫が出来るとベスト!です。

# by ryokan-uriage | 2011-08-12 11:28 | SEO
市場を独占するということ
おはようございます!

今日は「市場の独占」について。
昨年までは、SEOと言えばビッグキーワードで上位表示を狙う!が主流でした。

つまり、「●●温泉 旅館」などで1ページ目に持ってくること。
しかし、昨今ではこの戦略がきつくなっています。

競争が激化しており、なかなか上位表示が難しい。

上位に持ってきてもすぐに落ちる(こともある)
理由の一つとして、Googleが外部リンクを重視しなくなってきたということがあります。
昨年は「質の高いリンクをもらう!」ということが重要でした。
しかし、それはもちろん重要ですが、アルゴリズムの中で重要度が下がったような気がします。
また、とりあえず貼りましたみたいなリンクは認識されなくなりつつあります。



ということで、SEOは劇的に変化の時代にあると言えます。



いろいろなところで調査をしてみると、昨今では「スモールキーワードで市場を独占する!」

というのが良いとされ始めています。
つまり、ブログだけでなく、ツイッター、フェイスブック、ユーチューブ、ユーストリーム等で
様々なキーワードで市場を独占する。

これが重要になりつつあります。
例えば、弊社はまだまだ取組不足ですが

「旅館売上 ブログ」

で検索した場合、また2サイトでのブログ運営ですが、上位7番目までを独占しています。

(これは別に集客効果のあるキーワードではありませんが・・・(笑))



要はこの発想が重要ということです。

例えば

「マタニティ 温泉 旅行」

などで、1ページ目をすべて独占したりすると・・・



そうです。
ターゲットの市場を占めることができます。



このためには何をすればよいか???
これはまた次回のお楽しみ。

# by ryokan-uriage | 2011-08-12 11:06 | SEO
過程がいいんです!
こんばんは!


今日のテーマは「過程」


なんのこっちゃ?ですね。



最近テレビ番組で、シルシルミシルやリアルスコープなど、工場などの
製造過程を取り扱う番組多いですよね。


なぜこのような番組がはやるかというと、この「過程」コンテンツが人気だからです。


製品は、素材があり、加工され、製品になります。


この加工の過程が注目されているんですねぇ。


しかもこれらの番組の面白いところは、会社やスタッフの色々なポイントに触れていきます。

生産者や作業者の人となり、名前、好きな食べ物、悩み、趣味・・・

会社の創業、事業内容、社長、社訓・・・



こういったことをポンポンと紹介しつつ、過程を見せることによって視聴者が食いつく訳です。


当然食いついた消費者は、それが欲しくなります。



私は懐かしの駄菓子の製造工程を番組でやっていた時、次の日駄菓子屋に階に行っていました(笑)。



この一連のことは、旅館にも当てはまると思いませんか?



料理も素材があり、加工者がいて、製品になります。

一昔前の時代は、製品部分をフォーカスしていればよかった。

つまり、完成した料理をだーっと並べた写真が旅行代理店のパンフレットに並んでましたね。


昔はこれでOK。



でも今は・・・?


そうです、製品だけでは無く、素材や加工過程にフォーカスする必要があるんです。


これ、スゴイ大事なことなんですが、HPなどで活用されているところはホント少ないです。



なんでやらないのか不思議なくらいです。


料理長の写真を出して、ありきたりの料理説明と心を込めてどうのこうの・・・ではなく

もっと生々しい情報を提供すべきなのです。


消費者はそれを求めています。



牛肉料理が売りの旅館だったら、肉ばかりにフォーカスするのではなく

牧場の様子、飼育の様子、わらへのこだわり、生産者のこだわり・・・等のコンテンツを出した方が

面白いですし、顧客の興味を引き付けられます。


同じような旅館があった場合どちらを選ぶかと言えば、そういったコンテンツがある方が選ばれる可能性は高いでしょう。



「過程」を出していく



是非取り組んでみてください!

# by ryokan-uriage | 2011-08-05 18:56 | ホームページ